お食い初めの食器

お食い初めは生後100日目の赤ちゃんを祝う伝統的な儀式です。現代ではその伝統的な習わしに多少のアレンジを加えたものとなっているようです。

サイトトップ > お食い初めについて

スポンサードリンク

お食い初めの食器

お食い初めについて


「お食い初め」とは、赤ちゃんが生まれてからちょうど100日目に行われる儀式で、赤ちゃんが初めて物を食べ始めることを祝うものです。地方や地域によっては、この儀式が行われるのが110日目であったり、120日目であったりします。


また、その呼び方も「箸ぞろえ」「箸始め」「歯固め」など、それぞれです。生後100日目あたりは、ちょうど離乳食の開始時期とも重なり、早い子であれば歯が生え始める頃でもあります。


この儀式には、子どもの成長を祝うことと、子どもが一生食べ物に困らないようにと願うことの2つの意味があります。儀式当日は親族が集まり、赤ちゃんのために祝い膳を用意するのが通例です。


親族の中で一番高齢のおじいちゃん、おばあちゃんがひざに赤ちゃんを抱いて、食事を食べる格好をさせるのが通例です。祝い膳は、これも地方や地域によって異なりますが、だいたい赤飯に鯛などの尾頭付きといったところです。


儀式で使うお膳には塗りの器を用意して、一生食べるのに困らないという伝承のある、銀のスプーンをプレゼントしたりします。


しかし、忙しい現代では、日取りは100日目にこだわらず出席者の集まりやすい休日にしたり、お膳の器はリースにしたり、普段使用する離乳食の食器セットで代用するなどして、簡略化する人が多いようです。


そもそも、「お食い初め」自体をやらない家庭も多いでしょうし、核家族化が進んで、親族も集まりにくい状況も多いと思いますのでこの儀式がこの先ずっと続いていくものなのかどうかは、定かではありません。


お食い初めの食器

MENU



スポンサードリンク